DESIGNMAP

  1. TOP
  2. ブックレビュー
  3. 『なっとく! アルゴリズム』

『なっとく! アルゴリズム』

『Grokking Algorithms: An illustrated guide for programmers and other curious people』(Manning Publications, 2016)の翻訳版。

手描きのイラストを多用したアルゴリズムの入門書。
扱うアルゴリズムは二分探索、選択ソート、再帰、クイックソート、ハッシュテーブル、幅優先探索、ダイクストラ法、貪欲法、動的計画法、k近傍法など。あらゆるアルゴリズムを網羅した本ではない。

アルゴリズムの仕組みをイラストとともに解説した後に、Pythonのコードで実装する。コードの解説も丁寧で一行ごとにイラストで解説している。

下の写真はダイクストラ法のPythonのコードの実装を解説したページ。半分くらいがイラストで占めている。

下の写真は再帰のコードをステップバイステップで解説しているページ。初心者にとって難解な再帰をコールスタックの概念とともに分かりやく丁寧に説明している。

難しいことを分かりやすく解説しようとする著者のAditya Y. Bhargavaさんの熱意に圧倒された。

そこそこ基礎的なプログラミングが書けるようになった人に向いている。コードはPythonだが、他言語の経験者にもオススメしたい。本書のコードを自分の言語に移植していくと良い練習になるだろう。

今後の実装を考えるうえで、思考の土台になる一冊。

スポンサーリンク

プロフィール

DESIGNMAP
ディレクター・Web制作者
ON VISITINGを制作・運営。
お問い合わせ