フリークリエイターになりたい人のための独立ガイド - DESIGNMAP

デザイナー、エンジニアのための独立、フリーランスガイド

制作ができるだけで独立をかんがえていませんか?

制作ができる、技術があるは独立の一要素にすぎない デザイナーやプログラマーでも制作ができる、技術があるだけで独立できるとおもってしまう人が多い。ウェブ制作やソフトウェア開発のようなあまり元手がいらない商売は安易に独立してしまうことが多い。私も安易にフリーになってしまった一人だ。 …

2010年12月02日

続きを読む>>

一社依存体制はリスクが大きい

フリーランスで多い危険なパターンが売上のほとんどを1社に依存してしまうパターンである。 ひとつの取引先だけで売上全体の30%を超える会社がある場合は、リスクが高いと判断してほしい。 個人だと体が一つなので、制作会社の外部スタッフとして参加する場合、どうしてもこの一社専業に陥りやす…

2010年06月18日

続きを読む>>

フリーランスのための営業のやり方

営業ツールをつくろう 最低限必要なのがプロフィールや実績をまとめたものである。会社であれば会社案内、個人であれば実績や経歴がわかるプロフィールだろう。 必須なのがポートフォリオ(過去の仕事や作品をまとめたもの)である。ポートフォリオはなんでもつめこまず、自信作だけにしぼる。自分の…

2010年06月16日

続きを読む>>

私の洋書勉強法

まえにFlashデベロッパーやWebプログラマーは英語のリーディング力が必須と偉そうにかいた。と書いている私もスラスラ読めるレベルにはなっていないが、3年ほど洋書の読書を続けて、そこそこはドキュメントが読めるレベルになってきた。 今回は具体的な洋書を使った勉強法のコツをメモしてお…

2010年06月09日

続きを読む>>

事務所か自宅兼事務所か

事務所のメリット 事務所のメリットとしては、オンオフのメリハリをつけやすい、自宅より対外的に信用が得られやすい、クライアントやパートナーを呼んで打ち合わせがしやすいなどがあげられる。自分の仕事場所をみてもらうことで、自分の価値観なども伝えやすくなる。隠れたメリットとしては名刺やホ…

2010年06月08日

続きを読む>>

事務所なしのフリー

常駐するフリー フリーというと事務所をもって独立というイメージがあるが実際の形態はいろいろである。事務所があったほうがオンオフのメリハリがつくので仕事仲間でシェアしている人もいる。 出版社にいくとフリーのデザイナー、カメラマン、ライターが机で作業している光景をみかける。彼らは社員…

2010年04月09日

続きを読む>>

なぜフリーランス、独立をするのか

お金より自由裁量を求めて これはお金というより自由に決めたい、理想を実現したいという人が多い。 実際のところ、お金で選ぶなら会社を辞めないほうがよい。ほとんどの人が最初は収入が激減する。独立したあとも長く生き延びるのは難しい。リスクや生涯賃金を考えても会社員のほうがトクである。 …

2010年04月08日

続きを読む>>

請求のタイミングが難しい下請け案件

通常納品した月末が請求なので、クライアント直でやる場合は普通に納品した月の月末に請求書を送ればよい。 請求のタイミングが難しいのは下請け案件 難しいのが制作会社の下請けで参加するときである。 自分のパートが終わった段階で納品できるかは取引している制作会社によって違う。基本的にはプ…

2010年04月01日

続きを読む>>

見積書をつくるときに確認すること

どの段階で見積書をかくかで大きくちがってくる。打ち合わせの初期の段階だと概算見積書といいおおまかな金額になる。想定例をこちらで用意してこの場合はいくらですと説明できるとよいだろう。仕様がある程度みえた段階での見積書は、工程数が予想できるためアサインするスタッフ人数をきめて制作日数…

2010年04月01日

続きを読む>>

怒ったら負け

入金日を過ぎてもお金が振り込まれないとき、下請け仕事をしていてスケジュールが遅れたのに何も連絡されず放置されたときなどつい怒りたくなってしまう。 取引先の資金繰りが苦しいとき、振り込みはフリーより、大事な取引先から優先される。下請け仕事も発注するほうからみれば、代わりのきく外注さ…

2010年03月26日

続きを読む>>

↑このページの上に戻る