DESIGNMAP

ウェブ制作現場の職種と必要なスキルのまとめ

記事公開日:2010年08月10日

Webデザイナーになるための基礎知識 ビジネス

この記事は2010年の記事です。最新動向にあわせた改訂版があります。
【改訂版】 ウェブ制作現場の職種とスキルのまとめ

実際のウェブ制作の現場にどういう職種があるのかをみておきたい。現場や予算によっては、Webデザイナーがいろいろな役割を一人でこなすところもあるだろう。一般的に大型案件になるほど、予算が増えて、スタッフ数が多くなり、分業が進んでゆく。

また、どういう流れで仕事を請けているかでも違ってくる。広告代理店や大手制作会社の下請け的な制作会社とクライアント直で仕事をとっている会社ではワークフローや予算が違ってくるだろう。


プロデューサー

営業、アカウントプランナーと呼ばれる場合もある。プロジェクトの責任者である。

Webサイトの目標を定め、顧客と制作チームの間にはいりプロジェクトを成功に導く。顧客のヒアリングから始まり、サイト構築の提案、構築後のフォロー、アクセス解析に基づいたリニューアル案などの提案をおこなう。会社によってはお客さんの新規開拓を求められる会社もある。

受注後は、ディレクターに実際の仕様書や制作の指揮を任せる場合もあるし、小規模の会社や低予算の仕事の場合、制作ディレクターの役割を兼ねる場合もある。

細かい制作スキルは必要ない。浅く広く知っておく必要がある。デザインからシステムまで一通りは勉強しておく必要がある。

新規開拓はプロデューサーの重要な仕事である。自分で開拓できる力があれば独立も可能である。どのように開拓するかがポイントで、やみくもにDMメールを送ったりしても効果はない。情報発信するブログをたちあげ、お客さんから問い合わせをもらうような仕掛けが必要である。ブランド力をどうつけるかなどのマーケティングの実践力が必要である。

具体的なスキル

  • PowerPoint、Excelをつかった資料づくり
  • マーケティング
  • コミュニケーション能力
  • コンサルティング
  • 市場開拓、ビジネスモデルの開発
  • Web技術、デザインの全体的な知識
  • アクセス解析をつかったサイト分析、改善案の提案

ディレクター(ウェブディレクター)

制作チームのリーダー的な存在で、プロデューサーとともにお客さんの対応の窓口になる。プロデュサーと同行してヒアリングにいくことも多い。サイトマップ、コンテンツ企画、ワイヤーフレーム(画面構成図)、見積書、スケジュール、デザインなどの制作に必要なプランニングやアートディレクションをおこない、仕様書をつくる。

社内の制作チームへの指示や会社のリソースに足らない部分(ActionScript、バックエンドのシステム、写真、コピーライティング、デザイン)を外注によって埋めなければならず、外注探しや外注管理も重要な仕事である。

会社によってはアートディレクター、テクニカルディレクターとさらに分かれている会社もある。アートディレクターがベースになるデザインをつくりトーンアンドマナーを決め、下層ページをデザイナーに指揮したり、テクニカルディレクターがシステム面のプランニングを行う場合もある。

プロデューサーとの違いは制作寄りの職種で実際に制作スキルが必要な点が違う。かといってビジネスセンスも求められる。お客さんと会社の上層部と現場の制作者の板挟みにはまり、苦しむこともある。

デザイナーやプログラマなどの制作を数年やってから、ディレクターになるというパターンが多い。デザイナーへの技術移転や教育も重要な役割である。現場のスタッフからの信頼がないと難しい。ウェブディレクターウェブ制作の現場でもっとも重要な職種といえよう。

大手制作会社だと、下請けの制作会社が多数いる場合、制作スタッフを社内におかずディレクターしかいないような会社も存在する。

具体的なスキル

  • PowerPoint、Excelをつかった資料づくり
  • Webデザイン、Webシステムの実務レベルの能力(経験5年相当)
  • コミュニケーション能力
  • ユーザビリティやナビゲーション設計などのUI(User Interface)設計
  • アクセス解析をつかったサイト分析、改善案の提案


Webデザイナー

会社によっては上記のディレクターの役割を兼ねる場合もある。一般的にはディレクターがつくった仕様書に基づいてデザイン(Illustrator、Photoshop)とコーディング(HTML、CSS)をおこなう。会社によってはコーディングはおこなわずデザインだけに専念できる会社もある。大規模サイトの実装は作業量が多いのでデザインとコーディングを分けるケースが多い。

具体的なスキル

  • Illustrator、Photoshop
  • HTML、CSS
  • グラフィックデザインの基礎能力(配色、タイポグラフィー、レイアウト)
  • Flash(バナーが作れる程度)




style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7951568120364502"
data-ad-slot="9653147902">




style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7951568120364502"
data-ad-slot="9653147902">



コーダー、マークアップエンジニア

HTML、CSSのコーディングの専門家。会社によっては効率化のためデザインとコーディングを分業している会社が多い。そういう会社はコーダーさんがいる。

この分野は技術の動きも激しく、対応しなくてはいけないユーザーエージェント(iPhoneサイトやモバイルなど)が増えている。

具体的なスキル

  • HTML、CSS、HTML5、CSS3
  • スマートフォンサイトのコーディング

フロントエンドエンジニア

JavaScriptの専門家。会社によっては、ObjectiveCやJavaなどのスマートフォンアプリの実装を指す場合もある。

具体的なスキル

  • HTML、CSS、HTML5、CSS3
  • スマートフォンサイトのコーディング
  • JavaScript、jQuery

Webプログラマー

バックエンドのシステム(サーバー側のシステム)構築を担当。Perl、PHP、Ruby、Python、Javaなどのサーバー側で動く言語とMySQLなどのデータベースを使う。プログラミングだけでなく本番サーバー構築などのインフラ整備などを兼ねるケースも多い。

具体的なスキル

  • PHP、Python、Rubyなどの言語能力
  • データベースのテーブル設計
  • サーバー構築

ネットワークエンジニア、インフラエンジニア

本番サーバー構築。サーバー分散。


ざっと簡単に挙げたが、上記以外もカメラマン、コピーライター、映像制作者なども現場にいる人たちである。ウェブ制作が1999年頃はウェブデザイナーが一人で最初から最後まで行うケースが多かったが、現在ではサイトの規模が大きくなり上記のように分業になっている。

ただ、プロジェクトの規模や予算によっては、ウェブデザイナーがプロデュサーやディレクター役を兼ねるケースもある。ヒアリング、プランニング、デザイン、コーディングまですべてを行うケースもあり、小規模サイトがメインの制作会社や自社運営サイトをやっている会社だと制作の分業は少なく、ウェブデザイナーに広いスキルが求められる。

↑このページの上に戻る