DESIGNMAP

『超明快 Webユーザビリティ ユーザーに「考えさせない」デザインの法則』

2016年06月28日

2014年に刊行された『Don't Make Me Think』第3版の日本語版である。20ケ国で翻訳されているロングセラー、原書第1版は2000年にでて...

記事を読む>>

ポートフォリオの質をあげるには

2016年06月28日

『アーティストのためのハンドブック 制作につきまとう不安との付き合い方』(フィルムアート社)という本で、「完璧は麻痺状態を招く」というエピソードが紹介され...

記事を読む>>

『ロゴデザインの現場 事例で学ぶデザイン技法としてのブランディング』

2016年06月12日

ロゴデザインのプロセスをできる限り丁寧に可視化、テキスト化した一冊。読み応えたっぷりの271ページ。けっこう分厚いがよくあるロゴの見本帳ではなく、プロセス...

記事を読む>>

『魂の退社―会社を辞めるということ。』

2016年06月11日

50歳で28年間勤めた大手新聞社を退職した稲垣えみ子さんのエッセイ、新しい生き方を示したマニフェスト。 香川県に転勤になり、それまでの会社や消費に依存...

記事を読む>>

"実際に見られて、村野さんは一言、「これは、建てさせたクライアントが立派だ。建築家より、クライアントに賞を与えるべきではないか」と。"

2016年05月13日

吉田五十八賞の審査で村野藤吾さんが「住吉の長屋」に来られました。実際に見られて、村野さんは一言、「これは、建てさせたクライアントが立派だ。建築家より、クライア...

記事を読む>>

"私はいつも、九十九%関係者の言うことを聞かなければいけない。ただそれでもね、一%ぐらい自分が建築に残って行く。"

2016年05月13日

私はいつも、九十九%関係者の言うことを聞かなければいけない。ただそれでもね、一%ぐらい自分が建築に残って行く。 自分のものを、自分が思う通りにやるのはわりあいや...

記事を読む>>

"ヒットCMは、クリエイターに勇気があったというよりは、企業の側に勇気のある人がいるから、成功している場合が多い。"

2016年05月13日

浅野さんという人が日本中央競馬会(JRA)にいるけれど、彼は、多田琢のキムタクのCMを通すために、社内で自分が歌って踊って通したという話がある。(中略)やっぱり...

記事を読む>>

"デザイナーは、ラスベガスのカーペットのゴテゴテとした模様を「けばけばしい」と評すでしょう。頻繁にカジノに訪れる人は、これを「美しい」と評します。"

2016年05月13日

カーペットの選択が、私たちにとって良くても悪くても、そのようになっていることには理由があります。ラスベガスのカーペットは、飲み物がこぼれたり客が歩いて擦り切れる...

記事を読む>>

『問題解決ができる、デザインの発想法』

2016年05月09日

『Graphic Design Thinking』(2011年、Princeton Architectural Press)の翻訳書。レイアウトや文字の組み方を...

記事を読む>>

『だから、そのデザインはダメなんだ。』

2016年04月30日

香西睦著『だから、そのデザインはダメなんだ。』(エムディエヌコーポレーション、2016)は、ビジュアルデザインの本ではなく、サイト設計の本。インターフェイス設計...

記事を読む>>

"ほとんどの学生が5、6個の模型で終わるところ、ジョニーは数百個の単位で模型を作っていた"

2016年04月11日

アパートに足を踏み入れたグリナーは、部屋いっぱいの何百という発泡スチロールの模型に驚いた。(中略) ほとんどの学生が5、6個の模型で終わるところ、ジョニーは数...

記事を読む>>

"計算どおりにものが出来上がることは奇跡だといって良い"

2016年04月09日

どんな物体であっても、計算どおりにものが出来上がることは奇跡だといって良い。(中略) もし期待どおりに機能するものが作れるとしたら、それは、あらゆるばらつきを...

記事を読む>>

"愚痴を言い続けることは、過去の怒りの炎に身を焦がしながら、ゆっくりと自分を灰にさせていきます"

2016年04月09日

思い出し怒りをするときというのは、わざわざ頭にきた状況を過去から引っ張り出してきて、自分で怒りの火にガソリンを注いでいるようなものです。 その最たる行為が「愚...

記事を読む>>

<< 前のページ ホーム 次のページ >>

↑このページの上に戻る