DESIGNMAP

まったくのゼロから、デザインを独学する方法

記事公開日:2011年09月08日

Webデザイナーになる準備 独学でWeb制作を身につける 独学でデザインを学ぶ 雑記

まず、タイポグラフィからはじめよう

デザインの勉強はまずどこからはじめるとよいだろうか。
一番のおススメは、タイポグラフィ(文字組み)だ。知っていると知らないでは大きくクオリティの差がひらくところだからだ。しかも、タイポグラフィを知らない場合、本人がこのことにまったく気がつかない。筆者自身は、面接である制作会社の社長さんに指摘されるまで、気がつかなかった。デザインというとセンスというイメージがある。であるが、タイポグラフィに関しては知識がないと気がつかない可能性が高い。

文字を組む時に、和文書体と欧文書体を混ぜて組む。和文書体は、仮想ボディに対して、めいいっぱいまで大きい書体と、小さめの書体がある。それを見極めて、サイズやベースライン、文字間のスペーシングの調整をしてゆく。これを錯視調整といい、ロゴをつくるときにも役に立つ技術である。

なので、単に文字の打ちっぱなしは論外である。名刺をもらうと、いつもそのデザイナーの文字組みをみる。とくに錯視調整はされているか、をみる。錯視調整がされた文字組みは美しい。文字の組み方をみれば、その人のデザインへの意識がわかる。

タイポグラフィは、10年前くらいは良い入門書や情報がほとんどなく、この分野の独学は難しかった。

でも実務をすればするほど、基礎から文字を勉強したくなる。デザイナーで新宿の朗文堂の塾に通った人はいるとおもう。幸い、いまは出版点数が多いとはいえないが、独学できる良書がある。とくに、ここ数年で良書が揃った印象がある。

まず『タイポグラフィの基本ルール』、『タイポグラフィ』(これはデザインの現場の特集記事をまとめたもの、工藤強勝さんの事務所でスタッフの教育用でつくっている書体見本帳がみれる)を、最初の入り口としておすすめしたい。

欧文書体だと、『欧文組版』、ライノタイプ社のタイポディレクターが書いた『欧文書体』、『欧文書体2』が定番である。

和文書体は、まずは『文字の組み方』。読み物だと、『タイポグラフィ・タイプフェイスの現在』がおもしろい。特に、小塚ゴシックや新ゴで有名な小塚昌彦さんの話は勉強になる。また、田中一光さんのように習字をならうのも、有効な学習法だ。

レイアウト、平面構成について

一冊目としては『デザインの教室 手を動かして学ぶデザイントレーニング』がわかりやすい。揃える、グループ化するなどの平面構成の基本技法を学ぶことができる。デザインの入門書としても無難におススメできる。

応用だと、『魅せるデザイン、語るレイアウト。』がロジカルでおもしろい。エディトリアルデザイン(雑誌のデザイン)の有名制作会社がつくった本だが、ここまで過剰にロジカルに分析して、レイアウトを組むのかと驚くだろう。

ソーシャルブックマークサービスのアカウントをつくり、Webサイトのブックマークを集めよう

つぎに、やってほしいのが、ソーシャルブックマークサービスのアカウントをつくってほしい。あとは、世界中のサイトをみて、直感でよいとおもったWebサイトを登録してゆく。その際、自分なりにデザインの分析してほしい。意図は何か、何が効いているのかなど。気になった書体を調べることも重要だ。それらのコメントを登録の際にかいておく。まず、300サイトを目標にブックマークを集めてほしい。
この地道な努力が、のちにデザイン表現の引き出しのヒントになるだろう。

またその集めたデザインを実際にPhotoshop、Illustratorで模写すると力がつく

JWDG(Japan Web Design Gallery 日本のWebデザインギャラリー)では、毎日サイトを紹介しているので、参考にしてほしい。


デザインという単独の科目があるわけではない

デザインは、デザインという単独の科目があるわけではない。有名なバウハウスの円状のカリキュラムをみてほしい。
参考URL:
http://www.geocities.jp/gonzxxxxx/POPART/bauhausu.html
http://www.fl.reitaku-u.ac.jp/~yokuno/Semi/05/takahashi.htm

中心に建築があり、様々なカリキュラムが各レイヤーにわかれて構成されている。バウハウスでは踊りや簿記の授業もとりいれられていたことに注目してほしい。実際のバウハウスは想像以上に多様な学校だ。以前、上野の美術館でおこなわれたバウハウスの展示会にいった。各教授の個性の集まりで、一言でまとめるのは難しい。なぜか、その展示ではヨハネス・イッテンの展示がなかった。デッサンの授業も、カンディンスキーやクレーのおこなった授業を調べると、現在日本で行われているデッサン教育とは大きく違う。デザインは総合的で学際的なジャンルである。

建築とWebは共通点が多い。どちらも、ミックスドメディアであり、外身と中身がある点、ユーザー導線がある点、スキンと骨の両方を同時にみないといけない点、文系と理系が統合する点など共通点をあげてゆくときりがない。

↑このページの上に戻る