DESIGNMAP

名言集

"「書けない」とおもったら、それこそ一行も書けないのだ。その日その日に、先ず机に向うとき、なんともいえぬ苦痛が襲いかかってくる。"

2016年10月20日

記事を読む

"十年とか二十年、三十年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。"

2016年10月18日

記事を読む

"楽屋には天から遣わされた1羽の鳩が住んでいる。その鳩は時々飛んで来て人の頭に停まるんだ。"

2016年10月18日

記事を読む

"日本人にとって文字は水であり、米である"

2016年10月13日

記事を読む

"自分で自分を調整・修理できる人間しか どのみち先へは進めなくなるんだよ"

2016年10月09日

記事を読む

"私が「お店を持つんだ」、と決めたのは15歳。人生で初めてひとりで喫茶店に足を踏み入れたときでした"

2016年10月08日

記事を読む

"私が残業していたら同僚に怒られたことがありました。「労働単価を下げる行為だからやめてくれ」と。"

2016年10月02日

記事を読む

"パーム・パイロットが成功したのは、「何ができるかよりも、何ができないかで定義されていたからだ」"

2016年09月02日

記事を読む

"私は三人に「デザインと言ったら、一番最初に何を思うか」と聞いてみた。そうしたら三人が三人とも「生活や暮らし」と答えた"

2016年07月15日

記事を読む

"書くことはあとからでも教えられるが、好きになることは教えられない"

2016年06月28日

記事を読む

"実際に見られて、村野さんは一言、「これは、建てさせたクライアントが立派だ。建築家より、クライアントに賞を与えるべきではないか」と。"

2016年05月13日

記事を読む

"私はいつも、九十九%関係者の言うことを聞かなければいけない。ただそれでもね、一%ぐらい自分が建築に残って行く。"

2016年05月13日

記事を読む

"ヒットCMは、クリエイターに勇気があったというよりは、企業の側に勇気のある人がいるから、成功している場合が多い。"

2016年05月13日

記事を読む

"デザイナーは、ラスベガスのカーペットのゴテゴテとした模様を「けばけばしい」と評すでしょう。頻繁にカジノに訪れる人は、これを「美しい」と評します。"

2016年05月13日

記事を読む

"ほとんどの学生が5、6個の模型で終わるところ、ジョニーは数百個の単位で模型を作っていた"

2016年04月11日

記事を読む

"計算どおりにものが出来上がることは奇跡だといって良い"

2016年04月09日

記事を読む

"愚痴を言い続けることは、過去の怒りの炎に身を焦がしながら、ゆっくりと自分を灰にさせていきます"

2016年04月09日

記事を読む

"眼で見えないところに金をかけた。眼で見えないところに、非常な労働量を、自分の技量を打ちこんだと。"

2016年03月27日

記事を読む

"画家が素描において、一本の正確な線を求めるために、何本も不正確な線を引かねばならぬように。"

2016年03月26日

記事を読む

"油断しないという態度が、礼儀正しい姿勢に出る"

2016年03月07日

記事を読む

"完璧なタイミングは決して到来しない。いつも若すぎたり、年寄りすぎたり、忙しかったり"

2016年03月07日

記事を読む

"ものを作るプロセスで案外忘れがちなのは、「どう作るのか」である"

2015年12月16日

記事を読む

"「無力」だと思っても、「無能」だと思ってはいけない"

2015年11月25日

記事を読む

ホーム

↑このページの上に戻る